20170813 はなの天日干し

 13, 2017 02:00
20170813 「一線超えてません」蝉ってどんだけおんねん。
 

天気予報で大丈夫と判断し、我が家のオバタリアンはなを、お洗濯することにしました。

はなの洗濯は、大体2ヵ月で3回程度にしています。

風呂の前までは、(*´▽`*)わーいという乗りで来ましたが、風呂の扉を開けたとたんにべたっと腹ばいに・・・。

「お風呂はヤだもん」と言わんばかりの抵抗です。

残念ながら抵抗虚しく、お風呂場できっちりシャンプーされてご機嫌斜め。


例によってドライヤーが嫌いだから「天日干し」に出かけました。

はな01
もう! ヤだって言ってるのに洗うんだからぁ。


暑い! あつい! アツイ! 汗が噴き出ます。

公園やら川べりの道をトコトコと歩く。 道路の端を歩く。 

はなも暑いのでしょう、日陰になっている側の道路べりを歩く。



途中どれだけおんねんという位の蝉シャワーの中、蝉の抜け殻を見つけました。
蝉01

そして、近くには蝉の遺骸が・・・。
蝉03
死んでると思ったのに、触ろうとすると・・・ジタバタ。 

まだ生きていました。 ☚ これがほんとのセミファイナルだ (byはな)。

帰り道ではもう動かなくなっていました。


蝉をみるといつも思うことは、7年地中で過ごし地上に出て7日でご臨終らしい。
その1週間の間に彼女(彼氏)みつけて、子孫残さなくちゃ・・・。

当然?モテる奴もいれば振られっぱなしもいる・・・と思います。

今でいう「一線を越えてません」という蝉、すなわち童貞・処女のまま、あるものは子供たちに捕ま注射されてピンで張り付けられ、またあるものは木にしがみついたまま一生を終える・・・。

日本全国で、蝉の童貞・処女っていったいどれぐらいの数になるのでしょうね?



つぶやきゴローの「ありがた~いお言葉」

種の撒きっぱなしでは良木にはならない。
種々手を入れ続けることで初めて良木になる



ポチっと押して頂けると励みになります。
にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村
よろしくお願い致します。 m(_ _"m) ペコリ


Copyright ©無責任男の呟き All Rights Reserved.
スポンサーサイト

COMMENT 0

WHAT'S NEW?