FC2ブログ

# 20181216 ITぐらふぃっく・・・今年最後の授業

 ITぐらふぃっく・・・今年最後の授業
 
高齢者大学 ITぐらふぃっく・・・今年最後の授業。

Scratchで作ったゲームの遊び方を、GIMPで作成しScratchのスプライトに追加。
スクリプトを変更して完成。

scratch abc


午後からは、フェスタに展示する作品や、展示方法等の分担を決める。

最後の確認等。


♡♥♡♥♡ ♡♥♡♥♡ ♡♥♡♥♡ ♡♥♡♥♡ ♡♥♡♥♡ ♡♥♡♥♡



3時30分から、612号室で、フェスタ展示部会の最終打ち合わせに参加。



♡♥♡♥♡ ♡♥♡♥♡ ♡♥♡♥♡ ♡♥♡♥♡ ♡♥♡♥♡ ♡♥♡♥♡



つぶやきゴローの「ありがた~いお言葉」


幸福とは、「不幸の前兆」不幸の始まりを言う。




Copyright ©無責任男の呟き All Rights Reserved.
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:ライフ

# 20181214 赤穂浪士47

 赤穂浪士47
 
1702(元禄15)年のこの日、赤穂浪士47人が本所の吉良邸に討ち入りし、主君の仇討ちを成し遂げた。

1701(元禄14)年3月、江戸城松之廊下で播磨赤穂藩主・浅野内匠頭長矩[あさのたくみのかみながのり]が、幕府の礼式を司る高家[こうけ]筆頭の吉良上野介義央[きらこうづけのすけよしなか]に小刀で切りかかるという事件が起こりました。
浅野には即日切腹、領地没収という厳しい処置がとられたが、吉良には一切のお咎めがなく、これが事件の発端となりました。

長矩の弟・長広や広島浅野本家、従弟の戸田氏定や安部信峯なども連座。また長広の3,000石の所領も召し上げられました。
その後、長矩の遺臣・大石良雄らは浅野家再興運動を行っていたが、翌年7月18日に弟・長広が広島浅野宗家にお預けとされ、お家再興の望みが断たれました。
主君の仇を討つ為に綿密に計画を練り、翌年12月14日寅の上刻(現在の暦法では15日午前3時ごろとなるが、当時は日の出の時間に日附が変わっていたので14日となる)、大石内蔵助率いる47人が、本所の堀部安兵衛宅に集まり、そこから吉良邸へ討ち入った。
2時間程の戦いの末、浪士側は一人の死者を出さずに吉良の首を取ることができた。



大石内蔵助 辞世の句 2首

あらたのし

「あらたのし 思ひは晴るる 身は捨つる 浮世の月に かかる雲なし」

思いを晴らして死んでいくのは、何と楽しいことよ。
見上げる月に雲がひとつもかかってないように、私の心は澄み切っている。


「極楽の 道はひとすぢ 君ともに 阿弥陀をそへて 四十八人」

仇討ちを終えた四十七士は 主君とともに阿弥陀如来の待つ極楽へ旅立ちます。



「赤穂浪士47」  討ち入りのテーマ

mup_i0772.gif I want 忠 I need 誅 mup_i0771.gif



♡♥♡♥♡ ♡♥♡♥♡ ♡♥♡♥♡ ♡♥♡♥♡ ♡♥♡♥♡ ♡♥♡♥♡



つぶやきゴローの「ありがた~いお言葉」


長い物は巻いて仕舞え

イヤホンやランケーブルなど長い物は折り畳むより巻いた方が仕舞いやすい。
大抵はまた直ぐに使う。つまり、これで終わりではなく、次につながる仕舞い方。

「こんまり」もTシャツは巻いて仕舞えと言っている。





Copyright ©無責任男の呟き All Rights Reserved.

テーマ:ひとりごと - ジャンル:ライフ

# 20181213 第26回 堺新発見ツアー②

 奈良時代の高僧「行基」の足跡を辿る②
 

平成30年12月11日 10時~12時30分

コース
JR阪和線・津久野駅 ⇒ 家原寺 ⇒ 華林寺 ⇒ 蜂田神社 ⇒ マツモトPR館こぶ政 ⇒ 西区役所


華林寺(けいりんじ)

行基ご母堂の生家跡に建てられたという。

華林寺01
華林寺02
249年前の明和6年(1769年)に中興された建物。

華林寺03
華林寺04華林寺05
鬼瓦・・・四天王?と思われる像も乗っています。

華林寺06

通常は、中には入れません。
今回は特別企画なので入れて頂きました。
華林寺07
華林寺08
行基さんの位牌や行基13歳有髪肖像画が有名です。

♡♥♡♥♡ ♡♥♡♥♡ ♡♥♡♥♡ ♡♥♡♥♡ ♡♥♡♥♡ ♡♥♡♥♡

蜂田神社

創建は不詳。
延喜式神名帳に記載されている和泉国大鳥郡の式内小社で、鈴の宮ともいう。

この地方に住居していた蜂田連の一族がその祖先である天児屋根命を主祭神として祀ったとされています。

蜂田連が土焼きの鈴12個を作り、毎年春の初めに神前に供え、鈴音の良し悪しでその年の吉凶を占ったという古事から鈴の宮とも呼ばれています。

永禄年間以前は現在地より西1丁余りの山麓に鎮座していたが、永禄11年の三好衆対松永勢の家原城攻防が原因で現在地に遷宮したと伝わっています。

蜂田01

蜂田02

蜂田03


蜂田04蜂田05

文政8年8月生まれ
蜂田06 蜂田07

団体行動なので制約があり、皆から離れて狛犬さんの写真や寸法を測っている時間はありません。

鈴の宮へは、後日改めて訪問します。狛犬さんがほかにもいますから。


♡♥♡♥♡ ♡♥♡♥♡ ♡♥♡♥♡ ♡♥♡♥♡ ♡♥♡♥♡ ♡♥♡♥♡


つぶやきゴローの「ありがた~いお言葉」


志を持って新しい一歩を踏み出せば、今までと違う毎日が、待っている・・・筈です・・・きっと・・・多分・・・おそらく・・・。





Copyright ©無責任男の呟き All Rights Reserved.

テーマ:ひとりごと - ジャンル:ライフ

# 20181212 第26回 堺新発見ツアー

 奈良時代の高僧「行基」の足跡を辿る
 

平成30年12月11日 10時~12時30分

コース
JR阪和線・津久野駅 ⇒ 家原寺 ⇒ 華林寺 ⇒ 蜂田神社 ⇒ マツモトPR館こぶ政 ⇒ 西区役所 
家原寺01
3班に分かれて、ボランティアさんについていく。

途中、家原城址を通り過ぎる。
家原寺02
家原寺03

家原寺は、
西国薬師四十九霊場第十五番
大阪十三仏霊場第三番
仏塔古寺十八尊霊場第一番

来年は、行基生誕1350年という節目の年。

家原寺05
家原寺本殿
家原寺08
寺伝によると704年(慶雲元年)行基が生家を寺に改めたのに始まるとされる。
かつては多くの子坊を有したが兵火などで衰退した。
江戸時代には田安家が帰依して寺領を与えられた。
1989年(平成元年)に三重塔が再建された。
家原寺09
家原寺10
「智恵の文殊さん」として知られ、別名「落書き寺」としても有名。
行基菩薩が誕生した所で、行基37歳の時(慶雲元年)「もとの生家を掃き清めて仏閣となす」と「行基年譜」に記される。
行基建立寺院の第一号であるが、いわゆる行基建立四十九院には含まれず、特別扱いされている。
叡尊が寛元三年(1245)再興し、行覚が正和五年(1316)菅原寺(大和)の本記をもとに「行基菩薩行状絵伝」(絹本着色、三幅、重要文化財)を描かせて行基を顕彰し行基信仰を推進した。

家原寺11
本殿に受験生などの望みを絵馬などではなく直接書き込む「落書き寺」として知られますが、今ではハンカチに書いたものを張っています。
ハンカチ=半勝(はんかち) (半分勝= 文殊さまが半分、自分が半分) 。

家原寺12

家原寺13


華林寺に向かう途中にある金親大明神社
家原寺14
家原寺15


続く

♡♥♡♥♡ ♡♥♡♥♡ ♡♥♡♥♡ ♡♥♡♥♡ ♡♥♡♥♡ ♡♥♡♥♡


つぶやきゴローの「ありがた~いお言葉」


言葉とは、他の動物に対しては効果がない。

人に対して傷つけるには極めて効果を有する凶器







Copyright ©無責任男の呟き All Rights Reserved.

テーマ:ひとりごと - ジャンル:ライフ

# 20181211 平成30年度 堺歴史文化市民講座

 金岡神社と地域の歴史
 
平成30年度 堺歴史文化市民講座
12月9日14~16時
北区役所・大会議室


金岡神社と地域の歴史

講師  金岡神社宮司 金岡光世氏 
講演


金岡神社は平安時代初期に創建。
平安時代初期に活躍した宮廷画家・巨勢金岡が御祭神。
画家を祭神とする神社は全国で唯一ここだけです。
金岡神社04
数年前に撮った拝殿です。

この神社には、狛犬さんが3対、一番古いものは寛政5年(1793)8月生まれの225歳。

ブログにはUPしていませんでしたが、麻呂が「狛犬GO」を始めた初期に撮したものが、200枚ほどあります。

   ~~~~~~~~~~~~

 
過去に訪れた狛犬さんのいる神社・・・未掲載の神社が20社以上あります。

順次掲載することにします。


♡♥♡♥♡ ♡♥♡♥♡ ♡♥♡♥♡ ♡♥♡♥♡ ♡♥♡♥♡ ♡♥♡♥♡


つぶやきゴローの「ありがた~いお言葉」


狂気とは、自分の考え方に理解を示さない人間たちの精神状態の総称





Copyright ©無責任男の呟き All Rights Reserved.

テーマ:ひとりごと - ジャンル:ライフ

# プロフィール

minekazeya

Author:minekazeya
「寝言は寝て言え!」と言われることを承知で、思いつくまま気の向くまま「みんなが大いに気にする、あるいは殆ど気にならない」にかかわらず、「気になるもの、興味を惹かれたもの」を勝手に取り上げ、なんとなく考えてみたことを「呟いてみよう」と思います。
つぶやきゴローの「ありがた~いお言葉」もたまに登場します。

# 最新記事